ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

表情筋

表情筋表情筋という言葉は、日頃からよく耳にする言葉ですが、どのような部分の筋肉を指しているのか、
正確にわかっているという人はなかなか少ないのではないでしょうか。

表情筋とは、言葉のとおり顔の周辺の筋肉のことを指していて、
目や口、鼻といった部分を動かすために必要な筋肉となっています。
人は、非常に複雑な表情をする生き物ですが、そんな複雑な表情ができるのも
この表情筋のおかげで、表情筋が発達し、柔軟に動かされるからなのです。

顔には30種類以上の筋肉があるといわれており、それらの筋肉が骨だけではなく、
皮膚とも繋がっていることによって、微細な動きで表情を作り上げることが可能となっています。
しかし、やはり所詮は筋肉なので、加齢によって衰える可能性があり、
その他の筋肉と同様に使わなければ、それだけ衰えていきます。

これは同様に鍛えることでより発達させることも可能だという可能性のあらわれでもありますので、
このことから表情筋を鍛えるエクササイズなどが生み出されていくのです。
顔の筋肉は30種類以上と、非常に多くの筋肉で構成されていることがわかりますが、
その中でも代表的なものがあり、まずは前頭筋です。

前頭筋は、眉毛の上から伸びている表情筋で、眉を上げたり下げたりする場合には
この筋肉が関係していると考えるとよいでしょう。
また、額の横じわは気になる症状ですが、その原因として前頭筋の衰えが考えられます。

次に眼輪筋という表情筋もあって、こちらは言葉どおり目の周りの筋肉になっていて、
普段当たり前のように行っている目の開閉ですが、それにはこの筋肉の存在が必要不可欠なのです。
そのため、目尻のシワや上まぶたのたるみといった症状は、こちらの眼輪筋が
深く関係していることが多くなります。

頬筋は、上下のあごの関節から口角まで伸びる筋肉で、口角を上げ下げするような動作に
密接に関係していて、こちらの筋肉が衰えてくると口角が下がったりしてしまいます。
口輪筋は唇の周りの筋肉で、口周りの微妙な表情を作り上げるのに必要となっていて、
この筋肉が衰えてしまうと口元のシワやたるみに繋がるのです。

他にもオトガイ筋と呼ばれる唇の下から顎に伸びる筋肉も表情筋の中では代表的なもので、
顎のラインを引き締める働きがありますので、この筋肉が衰えてしまうと
二重顎の原因になってしまいます。
このような主用な表情筋に支えられているからこそ、私達は豊かな表情を作り上げることが
できるのです。