ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

涙袋ドレープ

涙袋ドレープ涙袋ドレープというあまり聞きなれない言葉があるのですが、これは目の下にたるみやひだができてしまう状態のことを指しています。
こちらも非常に目立つ症状で、涙袋ドレープができてしまうと、
いっきに顔の印象は老けてしまうのは間違いないでしょう。

涙袋ドレープの原因もたるみが原因となっていて、この症状を改善するためにはいかにたるみを
解消してやるかが重要になってきます。
涙袋ドレープ用の独特の改善術がありますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考:見た目年齢が若返る!今すぐ始めたい首周りのケア方法【ネックケア】

まず、涙袋ドレープ対策で重要になってくるのが、目の周りを温めて血行促進をしてあげるということです。
これにはスプーンを利用するのが効果的で、スプーンの熱伝導率と適度なくぼみが
目の周りを温めるのに最適というわけです。

やり方は簡単で、スプーンをお湯で温めて、それでそのまままぶたを覆うというものになります。
他にも蒸しタオルも効果的で、こちらも目の周りの血行促進には効果的なので、
ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

そして、ここからが重要で、温めてあげた目の周りをスプーンで冷やしてあげるのです。
冷やし方も簡単で、今度はお湯ではなく、氷水にスプーンを浸し、それを目元に当てるだけです。

このように温度差を使うことによって、より血行促進を促すことができ、どちらも簡単にできる方法に
なりますので、ぜひチャレンジしてみてください。
また、炭酸パックをするという方法もあって、コットンに市販の炭酸水を染み込ませ、
1、2分程度パックをするという感じです。

炭酸水はスーパーなどで販売されている市販のものを使えるので、
こちらもお手軽な涙袋ドレープ対策といえるでしょう。
最後に仕上げとして、アイクリームでの保湿を行えばバッチリで、
しっかりとクリームを馴染ませ涙袋ドレープを改善させていきます。

目の周りを温めてあげる行為については、涙袋ドレープ解消の効果の他にも
リラックス効果がありますので、1日の疲れをとるためのリラックスタイムとして、
日々の生活の中に取り入れてみるのもよいのではないでしょうか。

涙袋ドレープの対策には、美容クリニックで行われているようなプロフェッショナルな
方法もありますが、このように一般家庭にあるものを用いて行う対策もありますので、
色々と調べてまずは自分にあった手軽な方法から試すのも悪くありません。