ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

ゴルゴライン(ゴルゴ線)

ゴルゴライン(ゴルゴ線)というものをご存知でしょうか。ゴルゴライン
知らない人ならば、あまり美容には関係のない言葉かと思われるかもしれませんが、
実は美容に深く関係した言葉なのです。

特にアンチエイジングを志す人達ならば絶対に知っておきたい用語で、ミッドチークラインと
言えばピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ゴルゴライン(ゴルゴ線)、ミッドチークラインどちらも同様の症状を指した言葉で、
『ゴルゴ13』という有名作品の主人公の特徴的な顔のラインをそのまま美容関連用語に
用いたものです。

実際には漫画のような深々とした溝ではなく、一見すると目の下のクマのように
見えることも多くなっています。
ゴルゴライン(ゴルゴ線)の一番の原因は、顔のたるみで、これが発声してしまうと
顔の印象がいっきに老けてしまうので、ある意味ではほうれい線(法令線)よりも
怖い症状といえるかもしれません。

また、あるアンケートではゴルゴライン(ゴルゴ線)、ミッドチークラインという
名称こそ知らないものの半数以上の人が悩まされている症状であることがわかり、
中には10代や20代という時期からゴルゴライン(ゴルゴ線)に悩まされている人もいるのです。

たるみの一種”ゴルゴライン”をご存じですか?

上のサイトには、ゴルゴライン(ゴルゴ線)に関するアンケート、
さらに原因や対策などについて詳しく書かれていますので、こちらも当サイトと
一緒に確認されてみてはいかがでしょう。

次にゴルゴライン(ゴルゴ線)の原因であるたるみはどのような状態で引き起こされてしまうのか
について調べてみると、表情筋の衰え、肌弾力の低下、皮下脂肪の肥大化などが考えられるのです。
これらを引き起こす具体的な要因について考えてみると、ゴルゴライン(ゴルゴ線)に
悩まされる人の多くが、長時間パソコンの画面を見ていることがわかっています。

さらに、ゴルゴライン(ゴルゴ線)、ほうれい線(法令線)などの顔の老化に関係するシワですが、
近年では若年層にも見られるようになってきており、
パソコン作業は近年になって急速に増えてきているといえるのです。
また、パソコンの長時間利用は、目のクマの発生にも関係していて、
ゴルゴライン(ゴルゴ線)にクマが合わさることによって、
より老化を感じる顔になってしまうので注意が必要です。

ゴルゴライン(ゴルゴ線)に悩まされている、悩まされたくない、
という方々はまずは自分のパソコンの利用方法について考えてみてはいかがでしょう。