ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

ほうれい線(法令線)

ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。
鼻の両脇から唇の両端に伸びていく線のことを指していて、高い美意識を持った人達が
多い先進国においては、加齢の象徴ととらえられることが多いです。

ほうれい線(法令線)の原因としては、様々なものが考えられて、単純な加齢、乾燥や紫外線などの
スキンケア不足、ストレスや喫煙、栄養バランスの乱れなどの生活習慣、
ビタミンCをはじめとした美容成分不足と色々な原因が考えられます。
以前までは、30代前後にあらわれる症状として知られていましたが、近年では生活習慣の劇的な
変化などによって、さらに若い世代の女性もほうれい線(法令線)に
悩まされているようになっているのです。

このような状況から、エイジングケアを志す人達にとっては、
よりいっそう注目していかなければならないのがほうれい線(法令線)です。
ほうれい線(法令線)の根本的な要因は上に挙げたとおり様々なものがありますが、
たるみやシワが直接的な原因となってほうれい線(法令線)を発生させてしまうこともあります。
頬がたるんでくるとほうれい線(法令線)ができやすくなるといえて、頬のたるみはいわば
筋肉の衰えといえ、筋肉が衰えて柔軟性がなくなってくると、頬が下がったままになってしまい、
やがてそれがほうれい線(法令線)となってあらわれてしまうのです。
また、表情筋の衰えも原因のひとつで、最近は同じ表情しかしていない、
というような場合には注意が必要です。

さらに、体質にも関係していて、皮下脂肪が多いタイプの人は、その脂肪を筋肉が
支えられなくなってしまう可能性が高いので、加齢によるたるみの影響を受けやすくなります。
次に小じわもほうれい線(法令線)を発生させてしまう原因で、特に乾燥小じわは
密接に関係してきますので、いかに肌のバリア機能を維持できるかが重要になるのです。
この肌が本来持っているバリアが十分に機能していないと、それが乾燥を引き起こし、
小じわに繋がり、それがやがてほうれい線(法令線)へと発達してしまいます。

このようにほうれい線(法令線)の原因には様々な要因があって、生活環境の観点から考えて、
昔の人達に比べてほうれい線(法令線)ができやすい状況だともいえます。
当サイトは、そんなほうれい線(法令線)の知識や対策法を紹介し、
みなさんにいつまでも若々しい美しい肌を維持していただければと考えております。