ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

湘南美容外科

2013年度の来院数は約59万人と、これは年間にそれだけの人達の悩みやコンプレックスに
向き合ってきた数でもあります。

そんな安心の実績を誇っているのが湘南美容外科で、こちらのクリニックならばほうれい線
(法令線)の悩みを改善してくれるという安心感や信頼性も生まれるのではないでしょうか。
湘南美容外科は、とにかくユーザーに寄り添った治療を提供することを目的としていて、
治療を単なる美容整形だけで終わらせたくない、という信念に基づいて治療を提供しています。

このような信念が、キメの細かい治療を生み出し、患者のニーズにより応えられるような新技術の
模索、スキルの向上に繋がっていくというわけです。
これらの信念に基づいて提供されるほうれい線(法令線)の治療には、様々な種類があって、
レディエッセと呼ばれる効果時間が非常に長いプチ整形も受けることができます。

こちらは、ヒアルロン酸やコラーゲン注射に比べて持続時間が非常に長い手法になりますので、
メスを使わずに手軽にほうれい線(法令線)の改善をしたい、さらに効果時間も長く
コストパフォーマンスも良いという贅沢に方に向いた治療となっています。

次にPRP血小板療法もほうれい線(法令線)治療に高い効果を発揮する手法として知られており、
こちらは自分の細胞を使って肌を蘇らせる、肌の再生医療として注目されている方法です。

しかし、分離の作業に専門機器や高い知識やスキルが必要ということで、
まさに湘南美容外科の実績や治療にかける高い意識の発揮のしどころといえる治療法になっています。
他にもほうれい線(法令線)だけではなく、マリオネットラインにも効果的な肌再生FGF注入と
呼ばれる手法もあって、こちらも再生医療の一環で、真皮層でのコラーゲン、エラスチンの
生産力アップや抗老化作用による肌の若返りが期待できる手法です。

また、ヒアルロン酸注入のような従来までのプチ整形を受けることもでき、ボトックスについても
導入しており、クリニックによっては、ボトックスの改良版ともいえるゼオミンについても
利用することができます。
このように、ほうれい線(法令線)の治療に限定しても豊富な選択肢を用意しているのが
湘南美容外科の特徴であって、ほうれい線(法令線)にお悩みの方は、まずはカウンセリングから
受けてみてはいかがでしょうか。

年間50万人をこえる症例実績から培った確かなノウハウやスキルで、
あなたに最適の治療方法を提案してくれるはずです。

<< 湘南美容外科 オフィシャルページはこちら >>