ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

アクアミド

アクアミドほうれい線(法令線)の改善を美容整形で行う場合は、切るや注入するといった行為に
よって改善を目指していくことになります。
後者である注入するには、ボトックスやヒアルロン酸といった様々なものを注入する手法が
確立されていますが、得てしてこれらの注入によるものは、
持続時間が短いという欠点が付き纏うものでした。

そして、最近注目されている特定の成分を注射器にて注入するタイプの美容整形には、
アクアミドと呼ばれるものがあります。
アクアミドは、体内に注入することでシワやくぼみといった症状を改善することのできるもので、
これだけならばヒアルロン酸などの変わりません。

しかし、特筆すべきはその持続性で、施術後すぐに効果を実感できる即効性を持ち合わせていながら、
持続時間は5年という非常に長いものとなっています。
これがフェイスリフトというような外科的な手術によるものならばその効果時間の長さも
わかるのですが、アクアミドはあくまでも注射器によって注入するだけの手法です。

そんな画期的なアクアミド注射の詳細について気になってきたのではないでしょうか。
アクアミドの成分ですが、97.5%の純粋に加えて、2.5%のポリアクリルアマイドという
硬質のゲルによって構成されています。

こちらのポリアクリルアマイドは、ソフトコンタクトレンズの材料としても知られていて、
人体にも無害の物質となっています。
このアクアミドが体内に注入されることによって、皮膚組織内部に薄い膜を張ったような状態を
作り、さらにこれが周囲の組織と融合することによって、肌にボリュームを与えてくれるのです。

また、その仕上がりはとてもナチュラルで優しくふっくらとした皮膚が
出来上がるイメージとなります。
気になる安全性については、デンマーク、スイス、ドイツなど主要国で認可を
受けている物質でもあり、CEマークも取得しているということで、
安全性についてはかなりのものを持っているといえるのではないでしょうか。

そのため、アレルギーテストも不要で、術後に治療部位から
移動したりズレたりすることもありません。
アクアミドは、人体に吸収されない物質で構成されており、あえて吸収されない物質を
使うことによって、5年以上という非常に長い効果時間を得ることに成功したのです。

施術時間もわずか10分程度と、ヒアルロン酸などのプチ整形と変わりませんので、
プチ整形でのほうれい線(法令線)改善を目指すならば注目しておきたいところです。

アクアミド注入・アルカミド注入 | 診療案内 | あさひ美容外科

上記のURLにもアクアミドについて詳しく書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。