ほうれい線(法令線)は、ある意味アンチエイジングの最初の壁、難関といえるのかもしれません。

リフトアップ

リフトアップほうれい線(法令線)を美容整形で解決するならばフェイスリフトが効果的ですが、これは原始的な方法で顔の皮膚を吊り上げるような方法になり、メスも使いますので、どうしても切開するのは嫌だ、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ダウンタイムもそれなりにありますので、時間的な制約からフェイスリフトを
受けられないという人もいるかもしれません。
そもそもフェイスリフトは、外科的な手術によって顔のリフトアップ効果を促すものですが、
リフトアップ効果は何もフェイスリフトだけで得られるものではありません。

一例を出してみると、顔のリフトアップ効果を促す美容整形としてフェザーリフトと
呼ばれるような手法もあって、こちらは糸を使ったリフトアップ術になります。
糸を通すだけなので、メスを使って切開するということがなく、その分だけダウンタイムも
短くなります。

また、糸を通すということは異物を体の中に入れるということなので、こちらが気になる人も
いらっしゃるかと思われますが、フェザーリフトで使われる糸は、体内で溶けてしまう糸なので
安心です。

さらに、このフェザーリフトは、それ単体で用いることもできる手法になりますが、
その他の若返り術と組み合わせることによってより高い効果を発揮する方法でもあります。
フェザーリフトで使われる糸は、体内に入ることで糸の周囲にコラーゲン生成が起こるように
作られていて、これによって肌にハリを作り、今後のたるみ予防を促進してくれるのです。

また、プチ整形と分類しても良いほど手軽な施術が特徴的になっており、
手術後のダウンタイムによる日常生活への影響はほとんどないといっても過言ではありません。
翌日からのお仕事に支障をきたしませんし、内出血があらわれる可能性も稀というレベルです。
万が一、腫れや内出血が出た場合でも、メイクで十分カバーできるレベルなので、
これは日々を忙しく生きる方々にとっては大変メリットになる部分ではないでしょうか。

気になる傷跡も、針を刺した際にできてしまう赤い点状の跡が残る程度で、
こちらも数日で目立たなくなります。
体内に入れた糸の吸収についてですが、期間は大体1年前後となっていて、
同時にコラーゲンの生成も始まっていきますので、ゆっくりと長い時間をかけてできる
手軽なほうれい線(法令線)対策と考えればよいのではないでしょうか。

フェザーリフト

こちらのサイトで、フェザーリフトについての詳細が確認できます。